削ったり抜いたりしない最新の歯科治療法について

抜歯を避ける最新の歯科治療

抜歯しないで歯周病や歯槽膿漏を治療

歯を支える土台としての機能を持つ歯茎ですが、歯周病や歯槽膿漏が悪化してしまうと、歯を支えることができなくなってしまうため、抜歯せざるを得なくなることも少なくありません。

歯周病や歯槽膿漏による歯茎へのダメージに起因して歯が抜けてしまうために、一見、歯周病や歯槽膿漏が原因の抜歯は避けられない様に思われますが、一部、最新の歯科治療であれば、抜歯することなく歯周病や歯槽膿漏を治療可能です。

仮に抜歯の原因が歯周病や歯槽膿漏による顎の骨へのダメージなら、骨の再生治療であるエムドゲインによって抜歯を回避できるかもしれませんし、歯の固定器具であるウイングロックでグラグラしている歯を健康な自然歯とつなげば、治療の時間を稼ぐことができ、抜歯を回避できる可能性が高まるでしょう。

虫歯や歯の根の病気を抜歯せずに治療

最新の歯科治療法なら初期虫歯であれば確実に、重度の虫歯でも一部は歯を削らないか削る範囲を最小限に抑制できます。
末期の虫歯になると話は変わってしまい、もはや抜歯が必要なレベルになってしまい、削らない治療やピンポイントで削る治療の余地はないでしょう。

ただ最新の歯科治療の中には、末期の抜歯相当の虫歯であっても抜歯を回避できる歯科治療もあり、歯根を歯茎の下から引っ張り出すことで歯が抜けるのを防ぐエクストルージョン、歯の歯茎の外に出ている部分である歯冠を延長する、クラウンレングスニングなどを用いれば、抜歯を回避できるかもしれません。

ちなみに最新の治療方法ではありませんが、歯の根元を治療する根管治療なら神経を抜いた後の歯に、炎症が生じた際の抜歯を回避できる場合があります。


TOPへ戻る