削ったり抜いたりしない最新の歯科治療法について

虫歯だけを狙う最新治療

虫歯を削らない殺菌治療

自然歯を残すために歯を削らないことが望ましいとはいえ、虫歯になってしまうと、従来は虫歯になった部分を中心に削るしかありませんでしたが、現在は虫歯に対して削る以外の選択肢が生まれました。

例えば、ドックベストセメント治療なら、殺菌力の高い成分を混ぜ込んだセメントを虫歯の患部に添付することで、虫歯によって生じた穴を塞ぐと共に虫歯を進行させる原因となる患部の悪性口内細菌を殺菌し、虫歯の患部を無菌化して治療します。

また、ヒールオゾン治療の場合、オゾンの患部への照射によって虫歯の患部の菌を殺菌し虫歯を治療できるなど、虫歯を削らない治療法はいくつも開発されており、神経まで達する重度の虫歯に効果があるものも、少なくありません。

虫歯のみを狙った除去治療

歯を削らない治療法には、ドックベストセメント治療やヒールオゾン治療といった虫歯の患部を殺菌することで虫歯の進行を停止する治療法もありますが、虫歯のみにターゲットを絞り虫歯を取り除く治療方法もあります。

具体的に挙げると、プラズマレーザー治療があります。
高温のプラズマで健康な自然歯を傷つけずに虫歯の患部のみを除去することができる上、麻酔も必要ありません。

加えて薬による治療のサポートも可能で、虫歯の患部にカリソルブという虫歯の患部に作用する薬品を添付することにより、患部を溶かして軟らかくでき、虫歯治療に際して歯を削る範囲を大幅に抑制できるため、従来の歯科治療よりも自然歯の健康な部分を多く残せるのです。


TOPへ戻る