削ったり抜いたりしない最新の歯科治療法について

最新の歯科治療に共通するデメリットと対策

最新の歯科治療は可能な限り歯を残す

歯科治療は、本来の歯である自然歯を可能な限り残すことを基本としており、最新の歯科治療に限らず、歯を削ったり抜歯したりする場合も、最小限に留めることが望ましいとされ、治療に際し歯へのダメージを最小限に抑制しようとすることが、良い歯科医院や良い歯科医師を探す上でのセオリーです。

歯科医療において歯を可能な限り残すことがセオリーである以上、新たに開発される歯科治療は、歯を削ったり抜いたりすることを避けたものが必然的に生まれやすくなるでしょう。

歯科治療は最新のものほど歯へのダメージを抑制しようとする傾向にあるため、最新の歯科治療法の大半は、歯を削ることも歯を抜くこともせずに済む治療になりやすい傾向があります。

歯を抜かず削らない歯科治療の目的

義歯や入れ歯といった代替歯によって自然歯のダメージや欠損を補えるにもかかわらず、なぜ自然歯を守ることに注力するのか疑問に感じられる方もおられるかもしれません。
義歯の大半は自然歯に勝る要素を持たず、入れ歯に至っては本来の歯と口腔の機能を十全に発揮することができないと言われています。

強度でもメンテナンス性でも自然歯が優れている以上、歯科医療において可能な限り自然歯を残そうとすることはごく自然なことであり、歯科医療で予防歯科が推奨されることも、当然のことではないでしょうか。

加えて近年、歯や口腔の機能が衰えることが、老化や病疾患に対しマイナスに働くことが発見されたことも、歯を抜かず削らない歯科治療を促進しました。


TOPへ戻る